ビジネスに挑戦?会社設立をするなら場所を選ぶ

男女

中国からの輸入

握手

代行業者を使った時の費用

中国から商材を輸入するためには、さまざまな手続きが必要です。ルールに則って行えばそれほど難しいものではありませんが、実際に行うと相応の時間が必要になりますし失敗のリスクも付きまとうことになります。そのようなリスクを下げる方法が中国輸入代行業者です。中国輸入代行は、中国から日本へ商品を送り込むための手続きを代行して行ってくれる業者です。中国輸入代行といってもさまざまな業者がありますが、もっとも充実している業者であれば中国で希望する商材を探してくれたり、また輸出前の検品を行ったり、また日本に到着後の不良品の返品を行ったりしてくれるところもあります。しかし、サービスが充実するほど費用がかかることになります。単に目的の商材を中国輸入代行業者を使って輸入した場合の費用としては、商品代金、送料、購入代行手数料です。商品代金は商品そのものの費用ですが、送料に関しては中国での送料と日本での送料の2種類があり、荷物の量によって変わってきます。商品代金と送料は、実費負担ということになりますが、代行業者を利用した場合に掛かるのが購入代行手数料です。購入代行手数料は、商品代金に対して加算されるもので商品代金の5%前後から10%前後です。ただ、商品代金が1万円未満の場合には500円から1000円の固定としているのが一般的です。また金額が大きいほどその割合を下げる業者もあります。また業者によっては、関税が掛かるところや、為替レートに加算しているところもあるなど利用するさいには注意が必要です。