ビジネスに挑戦?会社設立をするなら場所を選ぶ

男女

コンサルティングから開業

店内

開業までの流れ

店舗開業をするときにコンサルティングサービスを利用すると、基本的には相談して指示してもらった通りに手続きを踏んでいけば開業に至ることができます。まず店舗開業に至るまでの流れとして、事業について計画を立てて経営戦略を考えるのが最初になります。コンサルタントと相談して利益を生み出せる可能性があるのかを重視した事業方針を策定する段階です。この計画がしっかりと行えているかどうかが店舗開業して成功できるかを大きく分けることになります。計画が定まったら次に行うのが資金獲得です。金融機関に相談して事業計画書を資料として提出して融資をしてもらうのが一般的になっています。そこで獲得できた資金を基にして店舗物件を探し、店舗設計を行うことになるのが通常の流れです。必ずしも計画していた通りの資金を獲得できるとは限らないため、その状況に応じてまたコンサルタントと相談して事業計画を変更する場合もあります。獲得できた資金に基いて初期から導入する機器などを選定し、従業員の人数や雇用方法について相談を行うのもこの時期です。並行して店舗物件を探して契約を行い、配管などの工事業者を入れて店舗を作り上げることになるでしょう。この作業を行っている間に流通経路の確保を行うための業者との取引契約をするために奔走することになります。コンサルティングを受けていると候補となる業者を選定してくれるので比較的負担は少ないでしょう。そして、店舗が完成したら商品を調達して店舗開業に至ることができます。